コラム|東松戸駅で歯科をお探しの方は東松戸ファイン歯科クリニックまで

診療時間10:00〜13:30 / 14:30〜19:30
土日午後:14:30〜18:00
ご予約・お問い合わせ

047-710-4182

  • 地図
  • メニュー

妊娠中は歯周病になりやすい!赤ちゃんへの影響は?

こんにちは。
 
東松戸駅より徒歩2分の「東松戸ファイン歯科クリニック」です。
 
 
妊娠初期は、つわりで外出もひと苦労ですよね。
 
でも、安定期になって体調が落ち着いてきたら優先させていただきたいことがあります。それは、お口のケアのために歯科検診を受けることです。
 
妊娠中は口内環境が変化するため、歯周病になりやすい状態です。歯周病は、おなかの赤ちゃんにも影響を与える恐れがあるため注意が必要です。
 
 


妊娠したら口内環境は、どう変わる?

妊娠すると妊婦さんのお口は、歯周病になりやすい環境に変化します。
 
というのも、妊娠すると「エストロゲン」「プロゲステロン」といった女性ホルモンが月経時の10倍~30倍にも増えるのですが、歯周病菌の中にはこれらを栄養源にし、お口の中で増殖する種類が存在します。
 
つまり妊婦さんのお口は、歯周病菌にとって、とても居心地のよい環境になのです。
 
それでも丁寧な歯磨きを心がけ、口内を衛生的に保っていれば歯周病を発症することもないのですが、体調が思わしくない時はそうもいきませんよね。
 
妊婦さんは、お口の中に歯ブラシを入れるのがつらくて歯磨き不足になりやすい人も多く、歯周病を悪化させてしまいがちです。
 
歯周病の初期症状は、「歯肉炎」と言われ、歯ぐきが赤く腫れるなどの状態になります。歯を磨いたときに出血するなどに心当たりはありませんか?
 


早産リスクが7倍にも?妊娠中の歯周病には要注意

妊婦さんの歯周病が重症になると、健康な妊婦に比べて、早産・低体重児出産のリスクが約7倍にも跳ね上がると言われています。
 
喫煙が引き起こす早産よりも高い割合で起こるといいますから、十分気を付けなければいけません。
 
なぜ、そこまでリスクが高まるのかというと、歯ぐきにできた炎症物質の影響です。
 
歯周病が重症になると、その炎症物質がが血管の中に入り込んで全身を巡り、動脈硬化や心疾患といった命に関わる重大な病気の引き金になることがあります。
 
妊婦さんへの影響は、子宮の収縮を促す「プロスタグランディン」の分泌を高める作用です。まだ産み月ではないのにもかかわらず陣痛を起こし、早産や低体重児出産に至らしめるのです。
 
おなかの赤ちゃんのためにも、日ごろの歯磨きなどによるセルフケアと、歯科医院での検診を徹底し、お口の中を清潔に保ちましょう。
 
 


妊娠中はマタニティ歯科のある当院へ!

女性副院長がいる当院ではマタニティ歯科診療があり、おなかの赤ちゃんに配慮したお口のケア指導や歯のクリーニング、治療を行っています。
 
妊娠中は歯の治療をためらうかもしれませんが、治療内容によっては、かかりつけである産婦人科と連携を取り、対応することもできます。お悩みや気になることがあれば、何でもご相談ください。
 
特に歯に痛みや違和感がない場合でも、安定期に入ったら早めに歯科検診を受けましょう。

 

東松戸駅・東松戸ファイン歯科クリニック東松戸駅・東松戸ファイン歯科クリニック

〒270-2225
千葉県松戸市東松戸2丁目5-1ファインシティ東松戸1階

診療時間
10:00〜13:30
14:30〜19:30

土日午後:18:00まで

各種保険取り扱い
保険診療と自由診療を取り扱っています。自由診療は選択肢の一環としてご説明し、ご希望の方に行います。
予約優先診療
待ち時間軽減のためご予約はWEB予約もしくは、
お電話(047-710-4182)にてご連絡ください。
随時急患受け付け
柔軟に対応しております。混雑している場合はお待たせすることもございますので、ご来院いただく前に一度お電話(047-710-4182)にてお問い合わせください。